トップ / インプラントの検査とは

最新インプラント事情 

インプラントというと、顎の骨をドリルで少しずつ削ってインプラントを埋め込んでいくというのが従来一般的に行われてきた方法ですが、骨を削るために出血を伴ったり、腫れや痛みの原因になったりしてきました。そこで最近は、ドリルで骨を削らなくても良いスプリッティング法という方法が用いられるようになってきています。スプリッティング法では最初だけ小さな穴を開けるために細い器具を使いますが、その後はその小さな穴を広げていく器具を挿入していきます。この方法であれば、ほとんど出血もなく治療することが可能です。

インプラントはアフターケア 

虫歯をそのまま治療せずに放っておくと、抜くしかなくなってしまいますが、歯が一本でもなくなると、ものを食べにくくなります。差し歯や入れ歯を付けてもらうのも良いですが、インプラント手術を受ければ、永久歯そっくりの歯を使えるというメリットがあります。ただし経験の少ない医師に任せると、すぐに外れるなどの問題が起きるので、あとでまたインプラント手術のやり直しのようなことをしたくない方は、アフターケアが整ったクリニックに行くことが大切です。

クリニックと患者情報