トップ / メンタルケアに役立つこと

メンタルケアを受けること 

メンタルケアを利用すると、悩みを人に共有することができます。ストレスや悩みを抱えたときに、他人に話さずに一人で抱え込んでしまうという人は少なくありません。しかし、悩みを一人で抱え込んでしまうと、解決策を見つけられなくなるという場合もしばしばあります。その結果、悩みが悪化し、精神的に病んでしまうという人もいるのです。そのため、悩みがあるときには、早めにメンタルケアを受けると良いです。悩みを他者と共有することにより、気持ちを軽くすることができます。話をするというだけで、心が落ち着くという人は多くいます。

どんな時に心療内科にかかるのか 

心の病気でかかる診療科といえば、心療内科のほかに精神科がありますが、その違いはなんでしょうか。ひとことで言うと、主な症状が頭痛や胃痛などの身体症状、たとえばレントゲンなどいろんな検査をしても異常が見つからないけれど、下痢や便秘に悩まされる「過敏性腸症候群」などの病気は心療内科で、主な症状が不安や不眠、イライラなどの心の症状、たとえば不眠病などは精神科ということになります。しかし、うつ病のようにどちらの症状も出ていて本人には判断がつかなければ、行きやすい方へまず相談しに行ってみるとよいでしょう。

クリニックと患者情報